社会人1年目の女子が街コンに行ってきた

社会人になって半年が過ぎた頃、近くで行われている「20代限定街コン」に参加した。

学生時代に付き合っていた恋人と別れてから、仕事に追われる毎日を過ごしていた。別れて3か月くらい経つと「このままじゃ一生新しい恋ができない!」と感じるくらいに社会人には出会いがないことに気付いた。すぐにネットで街コンの情報収集をした。

男性は30代後半以上の参加者が多く、そのほとんどの人が「難あり」であるとネットには書かれていた。そのためわたしは「20代限定」の街コンに参加することを決めた。大学時代の友達とふたりで、期待しすぎるわけでもなく、でもいい出会いがあるかもしれないと夢を見て少し緊張しながら会場へと向かった。

3500円を支払い、2時間ほどのパーティーで知り合った異性の数は10人。その中で「いいな」と思った人はいなかった。わたしたちは「20代限定」というキャッチコピーから、勝手に「25~29歳くらいの年上」が参加するものだと勘違いしていた。実際に会場にいた男性の多くが20歳、つまり年下だった。高卒で働いている社会人3年目の20歳が8割。唯一の年上は、人見知りらしく全く目を合わせてくれなかった。

「この人いいかも」と思える人はひとりもいなかった。それは友達も同じだったようで、わたしたちは会場に向かってるときの勢いを急速に失い、ふたりでのお喋りに夢中になった。カクテルを飲んで、パスタやアラカルトをつまんで、友達と近況報告をしてわたしの初めての街コンは終わった。

街コンに行って、彼氏をゲットすることはできなかった。フルアクレフエッセンスの口コミがすごいらしい

婚活パーティー

30代になったのを機に友達と3人で某有名会社の婚活パーティーに参加してきました!
今まで2度くらい別の会社のものに参加したことがあり、おじさんばかりかな?というイメージは崩され若い男性も多く男性も意外と結婚を真剣に考えてるけど出会いがないとか考えてるんだなぁーと参加しやすくなり気軽にでも真剣に結婚を考えつつ臨みました。
1つずつ席を回ってお話し、が普通かなと思ってましたが今回はなぜか『自由に移動してい好きな人とお話ししてくださーい』と軽い感じ。男性はキョロキョロしながら前の席を移動する。なんか雰囲気おかしいなーと思いつつ私たち3人は何組かのグループとお話ししましたが、なんだか婚活パーティーの割に軽い男性陣のノリ。男性は同年代、または年上も多かったけど特に良い人もいなく最後のカップリングの紙には誰も書かず出たけど5、6人で町の男性からラインを聞かれ私たちは交換しとりあえずその後は女子会に出かけました。
あとあとラインをしていたら、なんと私たちは婚活パーティーと案内されたその会は男性には街コンと伝わっていたのです!!
同年代なのに軽く結婚も考えてないーみたいな人が集まってたのはそもそも婚活してる人たちではなかったのです。
結局アプローチしてくれるものの、結婚前提に探しているので全然話が合わずフェードアウト。
この歳になると出会いがあっても前提のスタンスが合わないと踏み込みにくくつらいところです。Facebook婚活アプリランキングがおすすめだよ!

卑屈な私と彼女

最近とある勉強会で知り合った彼女、趣味や価値観は正反対だがなぜかよく話すことが多い。彼女からもニコニコしながらすり寄ってくれる。しかし、経験の浅い私にはそれが社交辞令なのか好意なのかが分からず、けどこちらから踏み出して聞けずにただ毎日を平行線のまま進んでいる。はたして、こんな探り探りでしか聞けない臆病な私に彼女は意識してくれているだろうか、その様な人間がこの世の中に居るのだろうかと悩んでいるうちに彼女から遊園地のお誘いをもらったので即答でOKした。まるで尻に敷かれているような状態だが世の男性として私は恥ずかしくないのだろうかとふと思ってしまった。そして、なぜのこのような自分に彼女は意識したのか色々と疑問が残るが、もうくよくよはしていられないので遊園地で告白をした。答えはOKだった。今まで私自身に自信を持てなかったわけだがそんな男にもようやく春を迎えることができたわけだ。そして、気になっていた私のどこに魅力があったのか聞いてみると、困っている人や輪の中に入れない人と仲良くやろうとしているところを見てときめいたそうだ。この時、両親にやさしい人間に育ててくれたことを感謝した。人は案外顔だけでなくいろいろ見ているもんなのだと実感した。ペアーズ登録できない?入会方法はこちら